利根沼田まち・ひと・しごとづくりセンターささえあい


活動内容

超高齢化・少子化が進み、人口減少が著しい利根沼田地域において、福祉関係機関や地元企業・市民活動団体・個人(および地域)が協働で利根沼田地域の人を支えるしくみを創ることで必要な人に必要なものが供給され、利根沼田に住む人たちが笑顔と元気になるまち、住みやすいまちづくりのトータルコーディネートを行います。

立ち上げの経過

2016年から2018年にかけて地域住民を対象に利根沼田に『あったらいいな』と思えるものとそれをつくるための協働のしくみを『ひと・まちづくり講座』として、ワークショップ形式で開催し、検討してきました。その時に上がった『あったらいいな』の中に『お助け隊のいるなんでも相談所』と『気軽に外出できる移動支援』がありました。

お助け隊のいる 利根沼田わがごと・まるごと相談所(イメージ)

どこに頼んだらよいかわからない・自分では解決できない日常生活の困りごとをわがこと・まるごと相談所に相談。登録しているお助け隊の企業や団体・個人がご自宅に出向いて解決します。
お助け隊の対象でない相談の場合はわがこと・まるごと相談所の相談員が専門の相談機関をご紹介します。

対象地区:利根沼田地区
利用料:まるごと相談所への相談は無料。お助け隊の作業料については、各企業・団体の規定による。割引サービスあり(一部除外)

気軽に外出できる移動支援(イメージ)

超高齢化・核家族化により買い物などの移動手段に支援の必要な人が多くなっています。そのような人たちがタクシーに相乗りし目的を果たすことで、買い物や出かける楽しみを継続できる仕組みをつくり、健康長寿を伸ばすことを目指します。

対象地区:利根沼田地域(モデル地区からスタートし、いずれは全域対象に)
実施回数:2週間に1回
運行方法:事前予約制(1ヶ月から前日までの受付)
利用料:外出支援を利用した場合は、タクシー代を相乗りした4人で割る。
※距離に差がある人との組み合わせが発生した場合は、遠い人が差額を負担する場合あり。4人組ができずに3人になった場合は3人で割る。

設立会の開催 (平成31年1月)

平成31年1月23日(水)に、沼田市の地域共生型施設「いきいき未来のもり」において沼田市、片品村、川場村、昭和村、みなかみ町などの自治体や地元社会福祉協議会の関係者など約80人にご参加いただき、盛大に設立会が開催されました。


「利根沼田まち・ひと・しごとづくりセンターささえあい」の活動を、上毛新聞で取り上げていただきました。